FC2ブログ

NPOについて

2009年12月12日 13:07

よく聞かれることーNPOについて

現在、私の関わっている 勝山文化往来館 ひしお は、
勝山・町並み委員会という特定非営利活動法人(NPO)が
市から建物を受託運営しているものです。

特定非営利活動法人(NPO)とは、一体何であるか。
平たく言えば、法人格を持った活動団体です。

法人格を持つことで、各種契約や、各種助成、そして
運営受託が、代表者の名前ではなく、団体の名義で行うことが出来るのです。
つまり、何か社会的目標のある事業を、個人でなく、団体でスムーズに行える
という事があります。

よく間違われますが、NPO=助成がもらえる、という訳では全くありません。

平成10年に、特定非営利活動促進法(NPO法)が施行され以降、各地でNPOが立ち上がってきました。

その活動内容は、各種様々です。
それぞれ、独自の気質、志し、諸課題があり、
NPO団体を一括してどうだ、とは言えませんが
NPO法が施行されて10年、今も模索。というのが現状だと思います。


ただ、アートの面では、(補足的に、、)
先人と熱意ある各種機関の方々の努力のおかげで、
NPO主催のたくさんの文化のフェスティバルが
増えてきています。

アウトソーシング(行政からの業務外注)、助成、寄付、その活動の
バックボーンは様々ですが、アートの活動は苦労が山積みになりつつも
根強く続けられてます。

本当に敬意を払いたいくらいです。

美術館と並んで、こういったアート活動が目立ってきているのは、
最近の傾向だと思います。
その中で、作家の役割も変わってきていると思います。
ただ作品を展示する作家でなく、ちゃんとプロジェトと関われる作家。

自分自身、現場にいて、そういう作家を求めていると同時に、
自分自身、そういう作家でありたいと思っています。
スポンサーサイト